通信大学生のなつやすみ【奈良旅】


眠れぬ夜に、こんばんは。
さーです。



8月に念願だった奈良に行ってまいりました☺︎
記録用に書き留めておきたいと思い、記憶をたどって綴っていきます。





f:id:pikapikaday:20170909015655j:plain

◎今回の旅について
・1人旅
18きっぷ利用
・1泊2日






◎1日目

早起きして5時前に最寄駅を出発。


在来線をひたすらに乗り継ぎ

途中で食料を確保しつつ

およそ10時間かけて奈良へ。






暑いし、お腹空いたし、かき氷でも。



満たされたら、今度はお寺へ。



興福寺(工事中で阿修羅像見れず)
東大寺(大仏、二月堂からの開放的な眺め)



途中、鹿におせんべいあげたら追いかけられ突かれたよ。


※この子ではありません。


春日大社も行きたかったのですが、空腹と疲労がピークに達し泣く泣く断念。。





夕ごはんは古民家カフェでハンバーグ。


デザートにほうじ茶チーズケーキ




駅近くのホテルでおやすみなさい。







◎2日目

朝、8時半頃ホテルを出発。


向かった先は法隆寺


大学で仏教について学んだためか、仏像を見ると感慨深い気持ちになる不思議。
心が洗われるようです。




ついでに行った古墳…
なんだか想像と違うような?
ただの小高い雑草の生えた丘でした…





おだんご屋さんでみたらしをいただき





JR奈良駅に戻って、帰りのお弁当やらお土産を買い、さよう奈良。




途中新幹線ワープなるものを駆使して9時間ほどで帰ってきました。


18きっぷで旅らしい旅をするのは初めてだったのですが、変わりゆく車窓や街の雰囲気に、長時間列車に揺られるのも苦にならないくらいわくわくしました。



この時色々と悩んでいて、その気持ちが劇的に変わった!なんてことはなかったのだけど、少しずつ少しずつ分厚い雲が晴れていくような、そんな感覚になりました。


旅は心の栄養。

わたしの人生になくてはならないものです。




勉強だったり、節約のためだったり、旅にでない理由はいくらでもあるけれど。

それでもわたしは旅にでよう。








通信大学生のなつやすみのお話でした。


ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

かなり大雑把に書きました。
気が向いたら細かいところを補足するかもしれません。



それではおやすみなさい。